職業別で解説!総量規制対象外のキャッシング

職業別!総量規制対象外のキャッシング

従事している仕事によって審査通過率が異なる総量規制対象外のキャッシング

最近よく聞く「総量規制対象外のキャッシング」

 

 

この総量規制対象外のキャッシングとは=「年収の3分の1を超えるキャッシング」をいいます。

 

 

 

つまり、貸金法の総量規制は「キャッシング業者は年収の3分の1以内しか客に貸してはいかん」という法律を定めております。

 

業者がこの法律を守らないと罰則が与えられます。

 

 

 

だから消費者金融や信販カードローン、クレジットカードのキャッシングなどのフリーローンにおいては、この総量規制の法律を守らなければならず、客に年収の3分の1を超える融資をすることが出来ません。

 

 

また、あるお客が既に他社キャッシングで年収の3分の1を超える借金をしている場合も同様で、これ以上貸すことができません。

 

 

 

しかし、総量規制対象外のキャッシングは、この総量規制という貸金法の規制を受けません。

 

つまり貸金法とは別の法律で運営されているキャッシングサービスです。

 

 

 

具体的に、それはどこの分野のキャッシングかと言いますと「銀行カードローン」などがそれに当てはまります。

 

 

例を挙げると・・・・・大手では「三井住友銀行カードローン」、「みずほ銀行カードローン」、「三菱東京UFJ銀行カードローン」などが有名ですね。

 

 

他にも「楽天銀行スーパーローン」、「ジャパンネット銀行ネットキャッシング」、「住信SBIネット銀行カードローン」などのIT系のネット銀行も総量規制対象外です。

 

 

更に、地方銀行のカードローンなどにも総量規制対象外のローンが数多くあります。

 

 

 

・・・・以上、色々見渡してみると「総量規制対象外のカードローン」って日本に数多くあります。

 

年収の3分の1を超える融資が原則可能なローンが!!

 

 

 

これを知ってしまうと、総量規制の規制を受ける消費者金融やクレジットカードキャッシングなどでお金を借りたくなくなりますよね??

 

だって銀行の方が金利が安いし、安心だし、総量規制対象外だし・・・。

 

 

 

しかし、総量規制対象外の銀行カードローンなどは一般の消費者金融の審査よりもやや厳しいと言われております。

 

特に従事している職業、属性の高低によって審査通過率が違ってきます。

 

 

 

公務員、一般職のサラリーマン、ブルーカラーのサラリーマン、フリーター、主婦、自営業者など・・。

 

それぞれの職業によって審査通過率が違ってきますし、契約できる融資限度額も違ってきます。

 

 

 

キャッシングの審査が通りやすい職業もあれば、審査が通り難い職業もあります。

 

自分の職業がどの程度、審査が通りやすいのか?どの程度融資が受けられやすいのかを予め予想しておくのも良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ